TOP > Gilles Berquet


Artist

情報サイト





















Un Regard Moderneとは

ボンテージ美学の天才、緊縛美術の奇才、
フェティシズムとエロティックが織り成すファンタジスタの巨匠と言えば、
このジル・ベルケこの人です。

写真の見た目上、一般的に言われる「エロ」と思われがちですが、
芸術的目線で見たときの彼の写真は目を見張るものがあります。

彼のこだわりは、女性をいかに艶めかしく見せるかに尽きると思うのですが、
その細部には、衣装を手作りしてみたり、(小道具までも手作りらしいです)
演出の細部まで彼が指導をしてみたりと、写真一枚に並々ならぬ
努力を惜しまない人なんです。

彼の写真にはピエール・モリニエと言った個性的な写真家、
ドイツ出身の写真家ハンス・ベルメール、官能美学の思想家、
フランスのジョルジュ・バタイユ等の影響を多大に受けて
今の彼のスタイルが完成したと言われています。

ジョルジュ・バタイユのエロティシズム溢れる哲学を感覚で捉え、
写真に表現したと想像されます。そんな彼のこだわりは、モノクロ。

今まで彼に影響を与えた巨匠たち自体がアナログ的な感じで、
その作風を表現するとなるとモノクロにこだわるしかないという感じでしょうか。

ボンテージや、緊縛は世の中から見たら・・・
単なる猥雑なものでしかないと思いますが、
一線越えてみると、それは逆に芸術の世界なのかも知れませんよ。

でも刺激が強すぎるので、
大人の方に出来るだけ見てほしいのが正直な意見です。



   
 
   
Un Regard Moderne~アン・リガード・モダンの魅力~